--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'01.13.22:59

あのね?

ss-sDSCN4282.jpg 久々にネイルをしました。
 これを見て母、一言.......

 「アンタ爪の先汚れてるやん!」



 何だろう。
 この分かってもらえない感。
 いや、いいけどさ…
 若干失敗気味だし……;
時間は無いんだけど気分転換にネイルなんぞしたら本格的に時間無くなってしまったvv
あっはっは駄目じゃーん(*・`∀・)←逃避気味





ほんのちょっと、思う事。
この間、学校の先輩方とご飯一緒してきました。
その時に思った事なんだけれども。

どうしたら、よかったのかな。
誰も傷つけたくないし、誰とも喧嘩したくないし、嫌な思いもしたくないのに。どうしてかな。
本当に人と人との距離感って難しくて計りがたくて
こういうのって守ってなんぼなんだと、強く思い知りました。

そして、お互いの距離感をね。
お互いに守れる関係って中々無いんだね。
というか、アタシが作るの下手過ぎるのかなぁ................
誰にでもウマ合う合わないってあるとは思うんだけど。
無理することなく距離感を守って生きていける関係があったとしたら、
それはそれで、とても貴重な関係。
その距離感でそれぞれがそれぞれに生きていける事を、
アタシはその相手の人に感謝したい。
大事な事を思い知る為には、傷つくしかないのでしょうか。
痛い思いをして、辛い目を見て、そうやって覚えたり思い知ったりするしかないのでしょうか。
もっともっと他に、あるんじゃないか?
アタシが知っている方法とはもう全く別物で、一本道が外れたような所で
もっと他に、あるんじゃないのか。
大事にするっていうこと、それを知っているっていうこと
相手の気持ちを考えるっていうこと、あるんじゃないのか?

とまぁそんな風になんか色々反面教師というか反省もあるんですが、基本的には楽しかった晩餐会でした(笑)
とりあえず先輩方が、お互いがお互いの発言に本気で鳥肌たてつつも、相手を尊重しあってる(風に見える)(心の中までは誰も分からない)っぽかったので
何か「おお…」という感じでした(説明になってない)

女の会話、男の会話と言いますが、実は今までちょっと気になっていたことがあって
女の子の友人で一人すごい攻撃的ではないのだけれど
こう……「~やねん」「そうなんや」でなく「~やねん」「それやったら」という感じで、ネタの出し合いというか、話してて次第に”どっちが面白い経験してるか”みたいなペースに引きずり込む話し方をする子が居て
もしかして男の子ってこんな話し方するのかしらとか思ったんだけれど
それは全くそんな事は無く、むしろ個性だという事がはっきりして嬉しい今日この頃です(笑)


うん。
とりあえずそんな日々です。
スポンサーサイト
日常トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © ブルーロック. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。